ジコプロは良質な鈑金塗装業者が集まる鈑金業者ネットワークです。一括見積もり・費用相談も対応!

埼玉の自動車修理店を探すならジコプロ 一括見積もり、費用ご相談可能!

0120-14-2526

業界最大級! 事例数 849件の中から一発検索!

埼玉の自動車修理店を探すならジコプロ 一括見積もり、費用ご相談可能!

  • お問い合わせ
  • 店舗一覧
  • 店舗一覧

「事故解決のプロ」が揃ってます!
修理代に関するご相談も相談無料!
信頼の板金塗装店をお探しの方は「ジコプロ」へ

自動車修理一括見積はこちら 全店代車完備

【スズキ】【ラパン】追突事故修理

ドライバーズピット

電話番号:048-623-2588

〒331-0064 埼玉県さいたま市西区佐知川1161-1

お問合せの際はジコプロを見たとお伝え頂くとスムーズです。

image1

修理前

リヤ周りの追突被害にあったスズキのラパン様です。
バックドアがベッコリと凹んでしまっていますがパッと見そんなに大きな損傷には見えないかもしれませんね。
しかしリヤバンパーの左側が外れており 左リヤフェンダー(クオーターパネル)に歪がありますので一度強く当たってバンパーが変形し ある程度元に戻った状態と考えられます。

image2

見えない部分の損傷

リヤバンパーを外した写真ですがやはり内側の骨格部位(バックパネル)が激しく潰れておりました。
骨格部位がここまで変形してしまうと交換するしかありません。

image3

フロアーの損傷

後ろのカーペットなどを取り除き床(リヤフロアー)を真上から撮影しました。
左下の部分が大きく変形し右の下も変形がありますが良く見ると床全体が変形していることが分かります。
様々な形でプレスラインがありますが見事にプレスラインで衝撃を吸収しているのが分かります。
写真の上の方がリヤシートが取り付く部分なので荷台のほうで衝撃を吸収した事になりますね。
今の車はこのように衝撃を吸収し潰れ安くすることで客室内に衝撃が及ばないように工夫されています。
ということは、一般のお客様がパッと見ても損傷範囲を正しく判断する事は難しいということですね。やはり板金塗装専門工場に相談することが必要です。

 

image4

粗だし作業

車体をフレーム修正機にセットして車体全体を固定します。
その後、写真のように損傷パネルを引っ張っているのですがこれは粗だし作業中の写真です。
損傷の酷いバックパネルは交換しますので穴を開けて作業しやすいように加工しております。
この粗だし作業の目的は バックパネルに強い衝撃が加わった事でその周りのパネルも損傷を受けています。左右のリヤフェンダー(クオーターパネル)やフレーム(骨格)リヤフロアーなどの周りのパネルを元の状態に戻すために交換するパネルを使って引き作業をしているのです。
この粗だし作業が上手くいけば先ほどの写真の変形しているフロアーをほぼ元通りに戻すことができます。もちろん丁寧なハンマリング作業は欠かせません。

 

image5

溶接パネル交換

交換するパネルを剥したところです。
剥すと入ってもシールを剥すわけではなく溶接された鉄板を剥すわけですからそれはそれは大変な作業なのです。
溶接された部分をドリルやサンダーを使って削っていきますが交換しない側の残ってしまうパネルに大きな傷をつけないように慎重な作業が必要になります。
しかも最近の鉄板はとにかく硬いのです。泣きたくなるくらい硬いのでドリルの刃は直ぐにボロボロになるし私の腕も直ぐにガクガクになってしまいます(T_T)
ここからは作業もしやすくなったのでフロアーをより丁寧に復元するためにハンマリングで修正します。

image6

塗装準備

バックパネル交換終了後 下地作業を行い塗装準備となります。
フロアーも同時に塗装いたしますので室内もしっかりマスキング(養生)いたします。

image7

マスキング作業

左クオーターも修正しました。給油口の下にも歪がありましたがこちらは粗出し時のハンマリングで元に戻りました。
この際、ハンマリングの方法も工夫しないとハンマーの跡がついてしまうのでパテやサフェーサーが必要になる場合があります。そうなると塗装範囲も広がってしまうのでなるべく作業範囲を広げないために丁寧に作業をしています。
このリヤフェンダー上部は切れ目がなくぼかし塗装しやすいプレスラインもないため左フロントピラーまで塗装します。
ルーフサイドパネルでぼかし塗装する業者さんもありますが時間の経過と共にぼかし際が見えてしまうため 又、目立つ部分なので通常はこのようにパネルの切れ目まで塗装いたします。

image8

フロアー塗装

塗装完了後のフロアー中の写真です。
最初の写真を見ながらグレーの塗装の色にボデー色の赤を吹きかけるように塗装してグラデーション塗装しています。

image9

グラデーション塗装

床の下側も同じようにグラデーション塗装を行いもとの状態に戻します。
見えない部分も丁寧に修理いたします。
最後に全てのパネルを取付して完成です。

さいたま市西区の板金塗装 キズヘコミ修理 コーティング専門店 「ドライバーズピット」 板金塗装とキズヘコミの修理では 安易な交換ではなく修理することをモットーに。コーティングは完璧な作業環境と豊富な実績で高級車も多くの実績があります。是非一度ご来店ください。

蓜島 克己

蓜島 克己 ドライバーズピット 代表取締役

鈑金塗装から整備までオールラウンドプレーヤーであるオーナー職人

経歴 地元の高校を卒業後、日産ディーラーで修行。その後実家である(有)蓜島自動車工業所に入社。父に代わって社長となり屋号をドライバーズピットに改め現在に至る。
東松山のハイシマボデーは実弟。
2級整備士 車体整備士 研磨インストラクター 剣道3段 等
趣味:早寝早起き 食べ歩き 料理 ドライブ 音楽鑑賞

他の事例も見る

関連する記事

マツダ ロードスター用オリジナルエアロ(ブランド名:aj-Style)セット

埼玉の自動車修理店を探すならジコプロ 一括見積もり、費用ご相談可能!

人気車種(またはメーカー)の事例から修理店を探す